活動内容

 本会は、児童生徒の幸福を願い、保護者と教師が協力して安全かつ健全なPTA活動を推進するために、県内PTAが密接に連絡協議することを目的とする。また、厳正中立と自主性を堅持する。
【Ⅰ】 基本方針
《スローガン》
     家庭・学校・地域が共に交わり結び会おう

                              ~子どもたちの笑顔あふれる未来のための『結(ゆい)』~


 ○ 子どもたち、保護者同士、教師とのコミュニケーションを深め、子どもたちの幸せの   ため活力あるPTA活動の促進に努める。
 ○ 心身共に豊かな児童生徒を育成するために、早寝・早起き・ 朝ご飯とそれにともなうあいさつの進展に努め、一層の基本的な生活習慣の確立を目指す。
○ いじめ、不登校、虐待、不審者、防犯、防災等の対策を講じると共に命の尊さを知らせ、子どもたちの安全・安心確保と環境改善と啓発推進に努める。
○ 地域の共有財産である学校と地域社会が連携した力強いPTA活動を促進するため、全県的事業の支援や、情報・資料の共有化と提供に努める。
○ 関係機関と連携し、大規模災害被災地の復興支援を行う。
○ 県P連活動の意義を理解し、県内PTAの交流と研修の場の提供を目的とし運営に当たる。

【Ⅱ】 活動計画
1 研究、研修活動
 (1) 保護者・教職員の学びの場として福井県PTA研究大会を開催する。
 (2) ブロック地区別PTA研修会を開催する。
 (3) 教育、環境、生活習慣等に関する調査・研究協議を行い、必要な場合研修会を開催する。
 (4) 日本PTA全国大会および、東海北陸ブロックPTA研究大会に参加する。
 (5) 県内5ブロックの連携を深める諸活動並びに各ブロックの活動を支援する。
 2 広報・調査活動資料・情報を各単位PTAへ提供する。
  (1) 広報紙「福井県PTA」を年2回、広報誌「PTAの歩み」を1回刊行する。
  (2) 調査研究の資料や募集作品集等を必要に応じ刊行する。
  (3) ホームページを更新し充実に努め情報を発信する。
 (4)個人情報保護法などへの対応について調査し発信する。
 3 家庭教育支援・青少年育成事業 
    (1) 生活習慣および家庭環境の向上を目的とした「一筆啓上・わが家の三原則」運動を継続する。

  (2) 子育て支援事業に取り組む。
  (3) 児童生徒の安全確保のための事業を構築し、支援する。
  (4) 中学校2年生対象の国内研修事業(日本PTA主催)参加を支援する。 
4 表彰事業
 (1) 優良PTA並びに功労者の表彰を行う。
 (2) 県内小中学校PTA広報紙コンクールを実施し、入賞PTAの表彰を行う。
    (3)関係団体の表彰規定に照らし、会員の推薦を積極的に行う。
 5 県Pゆめ基金  
  書き損じはがきを収集し、「県Pゆめ基金」の原資とする。  
    (1)  有意義な活動をする単位PTAを支援する。(単P活動支援金)

 (2)児童・生徒数30人以下の単位PTA活動を支援する。(小規模校支援金)                   
 (3) 県内の特別支援学校に対し「特別支援教育」事業を支援する。                
 (4)  災害被災時などに支援活動を行う。
 (5)経済的理由で小学校に就学できないアジアの子どもたちの就学支援をする。             
    (6)今後の県PTA活動の基金とする。
 6 対外要請協力活動、要望、陳情等
  (1) 国・福井県及び市町、同教育委員会などの関係機関への要望、陳情等の活動を行う。
 (2) 教育・経済・関係団体・公共機関等に対して、要請活動を行う。
 (3) 社会教育諸団体と連携協力して、情報活動及び社会教育の諸活動を行う。
 (4) 第73回国民体育大会・第18回全国障碍者スポーツ大会への協力を行う。

 7 安全・保護活動
  (1) 会員相互の福利とPTA活動の円滑な運営のため安全会制度を支援する。
  (2) 安全・安心活動への支援と、見舞金制度の充実を図る。
     (3)『小中学生総合保障制度』を広報・推進する。
 8 委員会活動の推進
  福井県PTA連合会の適正な運営並びに諸事業・諸活動の的確な実施を図るために、諸委員会・諸会議等による連絡・協議・研究・調査・調整活動等を活発に行う。
<総務委員会>
 ・PTA活動全般について情報収集と整理・研究を行い、単位PTAの支援につながる情報を提供する。

 ・県PTA研究大会企画・とりまとめ・運営を行う。
 ・研修事業のあり方および常置委員会の活動について周知し、委員会間の調整をする。
 ・安全会についての諸問題の検討を行う。                 
<生涯学習委員会>
  ・「一筆啓上・わが家の三原則」運動の啓発・推進及び表彰の実施。                      
<環境委員会>
  ・子どもを取り巻く教育環境の浄化、地域の安全点検や不審者対策等の推進を行うと共に、ネットや携帯電話等情報機器の正しい使い方について調査・研究し、広報紙していく。
 ・防災教育について情報収集を行う。
<広報委員会>
・「県P広報紙」の発行、「PTAの歩み」の発行「広報紙コンクール」の実施。

・各単位PTA広報紙の紙面向上のための講習会を行う。

・ホームページを更新し充実に努め情報を発信する。
<子育て委員会>
・子育て研修についての啓発・推進、郡市PTAの子育てに関する事業等への支援活動を行う。

・「食」への関心と感謝の心を育む事業を検討し、地産地消への関心を深める。 
 <特別委員会>
 ・県Pの組織運営の改善について、組織全般・事業全般に関して調査考察を行う。。
 ・会則・規則の検証・策定を行う。

・学校教育全般について諸問題の情報収集と整理・研究棟を行うとともに県の教育機関と連携を図る。

・請願内容をとりまとめ、国・福井県への請願活動を行う。